« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 連休の助っ人 »

番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑

10月1日(土)

本日は作業お休み。昨晩は大島の休暇村に宿泊しました。

休暇村の支配人はpapaが昔、休暇村で採用試験を受けた時の採用担当者だった方です。一時は避難所となっていた休暇村は現在も 敷地内には仮設住宅が建ち、キャンプ場はボランティアセンターとなっています。浸水していたフェリー乗り場でびしょ濡れになった靴にジャージ姿といったなんとも不思議なおよそ15年ぶりの再開でした。

Cimg2257_2 Cimg2255_2

年末年始の予約受付が一段落した後、支配人に車を借りて、島内を一周。大島ではまだまだ被災した住居の片付けを多くのボランティアさんたちが行っていました。

お昼過ぎに、気仙沼市内に戻り、車で陸前高田、大船渡方面を目指す。

陸前高田は多くの方から聞いていたものの、余りの惨状にただ唖然とするばかり。瓦礫が片付けられて広大な河川敷の様になった広大な空間・・・半年前までここには確かに街があったはず・・・・でも何も無い・・・沈黙。10年後、20年後にはまたきれいな街になっていることをただ祈るのみ。

Cimg2260 大船渡、盛方面を目指す。ここは私が13歳の時に生まれて初めて親元を離れて訪れた思い出の地。今回は車だったので、5年前には行けなかった当時、合宿をした長安寺を訪ねてみた。泊まった公民館は無かったが雰囲気は30数年前のままでした。

この三陸の土地には改めて少なからずの縁を感じます。だからこそ少しでも力になりたいとも思います。そしてこれからも縁をつないでいきたいと思います。

|

« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 連休の助っ人 »

頑張ろう東北!復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 連休の助っ人 »