« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

秋の桜

Cimg2435

本来は2月中旬頃に咲く河津桜が2輪開花していました。膨らんだ蕾もまだいくつかあります。明日から11月ですが、例年より温かい気がします。桜も季節を間違えてしまったようです。

| | コメント (0)

みゃあ君の日記2011~日向は気持ちいいミャア

秋晴の朝、朝日を浴びてコロコロするのは気持ちいいんだミャア

※コロコロ“ドテ!”と音が聞こえそうでしょ?by papa

| | コメント (0)

新Wwooferさん

昨日から新しいWwooferとして江(KOU)さんが来てくれています。

江さんは台湾の高雄出身で、日本の生活や文化にとても興味があり、日本語もたくさん勉強したいとの事です。一ヵ月ほどの滞在予定なのでたくさんの事を吸収して行ってもらえたらと思います。

南伊豆の私達との生活で日本文化が学べるかはちょっと疑問ですが・・・でも美味しい空気と美しい景色の中での生活を楽しんでもらえればいいかな?と思います。

Cimg2429

昨日の日没17:00頃

| | コメント (0)

ちいさいおうち展

来週11月3日(木)から11月24日(木)まで、しいの木やまレストランで陶芸家、木村杉子氏・高橋マサノリ氏による陶展「ちいさいおうち」が開催されます。

しいの木やまオープン当初からレストランで使用する器を作ってくださっている両氏による初めての展覧会です。

食事をしながら、コーヒーを飲みながら、ただ海を眺めながらいずれでもOKです。「ちいさいおうち」の世界を楽しみにいらしてください。

Untitled

| | コメント (0)

南伊豆の貴重な文化財

Cimg24091

南伊豆下賀茂温泉に日詰遺跡という遺跡があります。

昭和53~54年に調査されたままで今では地元の方も忘れかけています。調べていくと貴重な祭祀の遺物がたくさん出土したことが記録されています。今日、地元有志でつくる「日詰遺跡の会」のメンバーと静岡市の埋蔵文化財センターに保管されていた資料を見に行ってきました。上記のような青銅製の鏡や勾玉などの素晴らしい資料が日の目を見ることなく保管されていました。当時の文化の中心地であった近畿地方から海路で南伊豆に渡ったのではないかと考えられ、南伊豆の文化的価値の高さを伺わせました。

この貴重な文化財を是非、地元南伊豆で展示公開し、町づくりに生かす方法を皆で考えていきたいと思います。

| | コメント (0)

飛行船と夕陽

午後の駿河湾海上を低空で飛ぶ飛行船。飛行機はよく見ますがここで飛行船を見るのは初めてです。思った以上に早く飛行するので、写真を撮りに走った時はもう随分遠くになってしまいました。音もほとんど無く飛ぶ巨大な飛行物体をレストランのお客様も楽しんでいるようでした。

Cimg2398

そして本日の夕陽。もう間もなく海に沈む姿が見られそうです。

Cimg2364

| | コメント (0)

みゃあ君の日記~晩御飯早く!ミャア

Cimg2391 Cimg2393

写真左:もうご飯の時間なのにpapa&mamaは歯磨きしたり、パソコンで遊んだり?していてなかなか“ご飯”にしてくれないんだミャア僕はお腹が空きすぎて倒れそう??なんだミャア

写真右:やれやれやっと“飯”にありつけるミャア

| | コメント (0)

ボランティアできる方急募!

東日本大震災の被災地東北は早くも寒い冬を迎えようとしています。

断熱が不備な仮設住宅や被災して壊れたままの自宅に住んで冬を迎える方がたくさんいます。私達が9月末~10月始めにボランティア活動でお世話になったRQ市民災害救援センターでは現在、上記のような家に断熱工事をしたり家の補修をしたりする活動を行っています。DIYや大工仕事が得意な方を急募しています。もちろん建築関係のプロの方は大歓迎です。1日だけでも良いそうです。時間が少しでもとれる方は是非、力になってあげてください。

| | コメント (0)

栗のブリュレ

Cimg2355

今日から秋の味覚、栗を使った「栗のブリュレ」が登場しました。

マロンペーストと生クリーム、卵を使ったトロトロのブリュレ(プリン)にホイップクリームと地元で獲れた栗で作った渋皮煮をトッピングしています。

今年は栗があまり獲れなかったということなのでご提供できる期間が短くなるかもしれません。お早めにお越しくださいませm(__)m

| | コメント (0)

今日の夕焼け

Cimg2351

秋もだいぶ深まってきました。あと2週間位で、客室コテージから海に沈む夕日が見られるようになります。

| | コメント (0)

南伊豆の新米

南伊豆でも稲刈りが一段落し、新米の季節がやってきました。

Cimg2340 今日、減農薬、無農薬でお米を作っているN氏から今年の新米を仕入れました。

キヌヒカリとミルキークイーンという2種類を今回は購入し食べ比べをして見ます。ランチのカレーやディナーのライスでご提供していこうと思います。

Blog南伊豆米店

| | コメント (0)

栗の渋皮煮

Cimg2338 先日農家のYさんから立派な栗をいただきました。

今年は天候のせいかあまり栗が採れ無いとの事で貴重な栗です。

早速、渋皮煮を作ります。熱湯に30分ほど浸けて鬼皮を柔らかくしてから包丁で丁寧に渋皮に傷をつけないように鬼皮をむきます。鍋に浸るくらいの水を入れて強火にかけ、沸騰したら中~弱火にして30分ほど茹でます。水を取り替えて更に30分煮て、そのまま冷まします。冷めたら汚れやカスをとり、冷水に1時間ほど浸けます。鍋に入れ、新しい水をひたひた位にいれて、栗の重さの40%の分量の砂糖を入れて、5から10分程煮ます。栗を取り出して煮沸した容器に移し、煮汁を半分くらいに煮詰めた後、栗の容器に入れて冷まして出来上がりです。

ちょっと手間がかかりますが、自家製マロングラッセは絶品です。お好みで洋酒を加えても良いと思います。

| | コメント (0)

みゃあ君の日記2011~ベットが恋しい季節だミャア

も深まって、だいぶ涼しくなってきたミャア

Cimg2330

窓辺のベットでお昼寝が気持ちいいんだミャア

Cimg2327

| | コメント (0)

玄米や

しいの木やまで開業当初からお手伝いをよくお願いしているKINUさんが

夕日丘の「ティハール」さんのお店を借りて『玄米や』さんを始めました。

ご自身で作った無農薬のお米や野菜を使った体に優しいご飯やさんです。

Cimg2316Cimg2318

Cimg2310

ティハールさんが定休日の水曜・木曜日に開店します。

| | コメント (0)

稲刈り真っ盛り

Cimg2319

只今、南伊豆はあちらこちらで稲刈りが行われています。

しいの木やまがお米を買っている大樹米のNさんもちょうど作業中でしたので少しお邪魔しまして写真を撮らせていただきました。

2度の台風の影響も余り無く、昨年よりは出来が良いそうです。新米、今から楽しみです。

| | コメント (0)

今日は体育の日

秋晴の気持ちの良い1日になった連休最終日。

皆様は健やかにお過ごしでしたでしょうか?

急な気温の変化と多少のオーバーワークがたたり、東北から帰ってきた翌日から熱を出して数日寝込んでおりました。連休にはなんとか復帰したもののフラフラな3連休でした。皆さん本当に申し訳ございませんでした。

ようやく体調も元に戻ってきたのでまた頑張っていきます。

| | コメント (0)

みゃあ君の日記2011~太鼓腹は健在だ!ミャア

Cimg1646

papa&mamaは東北へ行っている間、僕はホテル(動物病院)で規則正しい生活を1週間していたのでダイエットに成功したのでは?と少し期待していたみたいだけど・・・・

太鼓腹は健在なんだミャア

| | コメント (0)

連休の助っ人

今日から10月10日の午後までお手伝いをしてくださる新WwooferのYUKOさんが到着しました。

2泊3日の短い間ですがよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑

10月1日(土)

本日は作業お休み。昨晩は大島の休暇村に宿泊しました。

休暇村の支配人はpapaが昔、休暇村で採用試験を受けた時の採用担当者だった方です。一時は避難所となっていた休暇村は現在も 敷地内には仮設住宅が建ち、キャンプ場はボランティアセンターとなっています。浸水していたフェリー乗り場でびしょ濡れになった靴にジャージ姿といったなんとも不思議なおよそ15年ぶりの再開でした。

Cimg2257_2 Cimg2255_2

年末年始の予約受付が一段落した後、支配人に車を借りて、島内を一周。大島ではまだまだ被災した住居の片付けを多くのボランティアさんたちが行っていました。

お昼過ぎに、気仙沼市内に戻り、車で陸前高田、大船渡方面を目指す。

陸前高田は多くの方から聞いていたものの、余りの惨状にただ唖然とするばかり。瓦礫が片付けられて広大な河川敷の様になった広大な空間・・・半年前までここには確かに街があったはず・・・・でも何も無い・・・沈黙。10年後、20年後にはまたきれいな街になっていることをただ祈るのみ。

Cimg2260 大船渡、盛方面を目指す。ここは私が13歳の時に生まれて初めて親元を離れて訪れた思い出の地。今回は車だったので、5年前には行けなかった当時、合宿をした長安寺を訪ねてみた。泊まった公民館は無かったが雰囲気は30数年前のままでした。

この三陸の土地には改めて少なからずの縁を感じます。だからこそ少しでも力になりたいとも思います。そしてこれからも縁をつないでいきたいと思います。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »