« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 »

番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑

9月30日(金)

ボランティア活動3日目。今日も秋晴れ!

VCでの生活も少し慣れてきました?キッチン担当を承り、今までのボランティアさんが寄付して下さった食材の整理を任される。貴重な食料、しかも頂いた物、でも賞味期限が・・・とりあえずたくさんある人参・ジャガイモ・玉ネギで煮物とビーフシチューでも作ってみますか?そんなことを考えていると、漁師さんから新鮮なワラサとサバの差し入れが・・・やはり新鮮なうちに刺身で食べたいですよねキッチンは楽しいけど食材の管理は難しいです。

Cimg2246 さて、今日は砂子浜で地元の漁師さんと一緒に養殖筏のアンカーに使う「土俵」作り。昨日までの作業と違って、漁師さんとの共同作業になります。45キロの砂袋を10mほど引っ張る結構な重労働で、皮手袋を2重にはめても手が後でパンパンになってしまいました。

しかし、休憩時間中は漁師さんたちと楽しい時間を過ごすことが出来ました。土俵袋のロープの結び方講座もさることながら、牡蠣・ホタテ、ワカメの養殖の話、遠洋に出て世界の港を回った武勇伝等‥あっという間に時間が過ぎて行きました。600基あった筏が全て流され0からのスタートで、一番早いワカメでも来年3月、牡蠣やホタテは早くて3年も収穫にかかると話しながらも希望を持った話しぶりに海の男の逞しさに安心したというよりも反対に私たちのほうがたくさんの勇気をいただきました。

地盤沈下の影響で午後1時30分頃には海水が上がってきてしまい早めに作業は終了。

日曜日には地元神社でお祭があるので是非来て下さいとご招待を受けました。

|

« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 »

頑張ろう東北!復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 »