« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 »

番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑

9月29日(木)

作業2日目。昨日に続いて土俵作り。湿布を貼って寝たので思ったより筋肉痛は残っておらず一安心。

鮪立(しびだち)も小鯖(こさば)も私達が今住んでいる南伊豆の漁村によく似ている。メイン道路のある高台から小さな入り江に降りていくとそこに広がっている小さな集落。大きな町の被災状況は各種メディアで何度も取り上げられるが、こういった小さな集落には情報も支援の手も届きにくくなっているのが現実のようです。そしてこうした小さな集落が各地に数多くはる筈です。そんな状況の中でも被災した地元の方々は一歩ずつ復興に向けて歩み始めています。まだまだ支援できることはたくさんあります。瓦礫が撤去できれば終了ではないはずです。元の豊かな生活が戻るまで何十年かかるかわかりませんが、全国の人の温かな少しづつのお手伝いが必要なのだと思います。

Cimg2227

名物!気仙沼ホルモン ニンニクが効いた濃厚な味付。美味い

|

« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 »

頑張ろう東北!復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 | トップページ | 番外編~災害復興ボランティアin気仙沼・唐桑 »