« 新茶葉 | トップページ | プロヴァンス・ド・すずき »

テングサ干し

Cimg2489 5月らしい爽やかな晴天の日が続いています。雲見海岸で天草(テングサ)を干している風景に出会いました。

南伊豆から西伊豆の海岸沿いの町では天草・ひじき・のりなどその季節に獲れる海藻を乾かしている場面をよく見かけます。季節の風物詩のひとつです。

天草は伊豆地方の特産品である”ところてん”の原料になる海藻です。

Cimg2491_2  海岸で作業をしていた方によると、写真の赤茶の天草に真水をかけて乾かすことを2回~3回くりかえすと色が抜け、”ところてん”用の「さらし天草」ができるそうです。

ちなみに今日乾かしている天草はそのまま寒天の原料として長野県に出荷するそうです。

|

« 新茶葉 | トップページ | プロヴァンス・ド・すずき »

南伊豆の特産品・名物」カテゴリの記事

季節の風物詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新茶葉 | トップページ | プロヴァンス・ド・すずき »